映画『いぬやしき』公式サイト

ORIGINALWORK

いぬやしき(講談社「イブニング」所載)
原作者:奥浩哉HIROYA OKU

1967年、福岡県出身。
1988年、『変』でデビュー。以降、『GANTZ』をはじめ、話題作を次々と発表。2014~2017年にイブニングで『いぬやしき』を執筆し、2017年にアニメ化。同年12月からビッグコミックスペリオールにて新連載『GIGANT』を開始した。

コメント

映画好きの私でも、いまだかつて観たことないシーンの連続で、自分の作品から、このようなオリジナリティ溢れる日本映画が出来たことが誇らしく思えた。キャストの皆さんもそれぞれ役にはまっているし、特に木梨憲武さんと佐藤健さんは難しい役柄を見事に演じきっていた。個人的にツボだったのは、ふんだんにあるCGのシーン。佐藤信介監督のCGの使い方はハリウッドの一線級の監督に負けてないと思う。佐藤監督なら私は作品を預けられる。つくづく、いぬやしきは運に恵まれた原作だった。